静岡県浜名湖近くの弁天島には、有名な赤鳥居があります。南浜名湖に浮かぶ弁天島のシンボルと呼ばれています。とくに、夕日が沈む時に見に行くのが人気のようです。

今回の記事では、弁天島の人気スポットである赤鳥居に行ってきたのでレポしたいと思います。




弁天島の赤鳥居とは?

正式名称は「舞阪町観光シンボルタワー」。観光シンボルタワーであり、よってスピリチュアル的な要素があるものではありません。観光客や写真家に人気のスポットで、大きなカメラを所持している人もチラホラみえました。


IMG_9604

どちらかというと、海水浴や潮干狩りの場所として人気の場所のようです。ただ、海に浮かぶような鳥居の姿は幻想的。夕日が沈むころ、カップルでデートすると良さそうな気がしました。


浜名湖とは?


赤鳥居が近くにある浜名湖は、約500年前の大地震と津波により、海と淡水の混じった汽水湖です。どこか海のようでもあり、湖のメリット(波がない)があるので船に乗っても酔いにくいです。

IMG_9573

↑浜名湖をクルージング。海のようで、波がありません。海で船に乗るとすぐに気持ち悪くなるのですが、浜名湖は波がなく安心して船の旅を楽しめます。

浜名湖の温泉、足湯は?


浜名湖には、いくつかの温泉があります。私は館山寺サゴーロイヤルホテルに宿泊しましたが、温泉は本当に気持ちよかったです。ただ、露天風呂は虫が結構浮いているのが気になりました。景色は浜名湖を一望できて、絶景だしコスパも良かったです。

近くには、縁結びや恋愛成就、眼病に効果のある「館山寺」があります。私は、パソコンによる眼帯疲労が激しいので、館山寺に健康を祈ってきました。ここには、有名な縁結び地蔵があるので片思いの方は是非お参りしに行ってみて下さいね。

寺の裏には、山道がありますが蜂が多いので気をつけて下さいね。私も、少し歩いただけで3匹大きな蜂に遭遇しましたΣ(゚д゚lll)ガーン

浜名湖周辺には、足湯がいくつかあります。無料で足湯を楽しめるので、旅の疲れを癒すにも最適です。

IMG_9563


ただ、浜名湖周辺には大きな虫がたくさんいるのが気になりました。この足湯の近くにも、大きな蟻が多く、蟻をよけながら足湯に浸かっていました。

赤鳥居の楽しみ方とは?


春から夏の時期なら、弁天島海浜公園行きの渡し船に乗って磯遊びしてみてください。カニやクラゲなどの生き物が沢山いるので、家族で楽しむにもオススメです。また、赤鳥居を近くで拝むことができます。

赤鳥居は、観光シンボルとして作られたものなのでスピリチュアルスポットではないのですが、幻想的な景色は必見です。もし浜名湖にいく際には、弁天島にも立ち寄ってみてください。

まとめ


弁天島の赤鳥居は、シンボルタワーなのでスピリチュアルスポットではありません。ただ、浜名湖には雄大な景色を拝める場所が多数あります。綺麗な景色は、眺めているだけでも日々の疲れを癒す効果があるような気がします。

浜名湖周辺には無料で楽しめる足湯も多く、歩いているだけでも楽しめるスポットがたくさんあります。みなさんも、浜名湖にぜひ立ち寄ってみて下さいね。